コーヒー豆の単位『袋:たい』

コーヒー豆の単位『袋:たい』について。

普通、コーヒー豆を買うときは「gグラム)」。

通常、コーヒーを1杯淹れるのに
必要なコーヒーの量は約8g〜12gほどです。



ところが、商業的に扱うコーヒーとなると
とても大量で、いちいち量るのも大変なのか
コーヒー豆の単位は『たい)』となります。


これはコーヒー豆をいれる麻袋(約60kg)を1袋(いったい)と数えます。
1袋(約60kg)、2袋(約120kg)、3袋(約180kg)….


コーヒーは近年、1年間で約1億3,000万袋〜1億4,000万袋 収穫されているそうです。

ちなみに、2011年度のコーヒー総生産量は137,908,000袋。(USDAの統計より)


更新日:2014.04.26

フレンチプレスに関する記事

  • 2018. 12. 13|RIVERS
    リバーズの新しいコーヒープレス HOOP MONO(フープ モノ)は、味も、使いやすさもワンランクアップ!
  • 2018. 12. 3|ふるさと納税 2018
    【ふるさと納税】で、選べるコーヒーウェアやコーヒー器具 2018!
  • 2018. 11. 24|Kalita
    Kalitaから、なんとコーヒープレスが! アウトドアにもぴったりな『Kompact』シリーズ。
  • 2018. 10. 3|GINA
    遂に発売開始です! ドリップ・フレンチプレス・コールドドリップができる『GINA』
  • 2018. 7. 13
    Stelton(ステルトン)、EMシリーズにウルトラマリン登場!
  • 2018. 4. 22|Le creuset
    ル・クルーゼのイースター『ドリップ・ケトル』、良さそう。