PAGE
TOP
Cafict Coffee
コーヒーの知識

Warning: include(sns-s-y.html) [function.include]: failed to open stream: No such file or directory in /home/mariqo/cafict.com/public_html/wp-content/themes/wp.vicuna.exc/p_l_know2.php on line 42

Warning: include() [function.include]: Failed opening 'sns-s-y.html' for inclusion (include_path='.:/usr/share/php53/pear:/usr/share/php') in /home/mariqo/cafict.com/public_html/wp-content/themes/wp.vicuna.exc/p_l_know2.php on line 42

coffee knowledge - コーヒーに関する資格

コーヒーに関する資格
このエントリーをはてなブックマークに追加

コーヒーに関する資格

私が見る限り、コーヒーの資格には
コーヒー関連の職業に付いている人(付きたい人)向けの資格と
単にコーヒーが好きで資格が取りたい人でも取れる資格があるようです。

具体的に言うと、コーヒーマイスターは年会費が必要で、
JBAバリスタライセンスは更新制なので、
コーヒー関連の職業に付いている人(付きたい人)向けのように感じます。



*以下の情報は2014年1月時点のものです。

全日本コーヒー商工組合連合会認定資格

コーヒーの正しい知識の普及と技術の向上を目的としたコーヒーに関する資格認定制度

コーヒー鑑定士

コーヒーの原料調達・製造管理・品質管理等、
極めて高度な専門的なコーヒーの知識と鑑定技術を取得した方を認定。

コーヒーインストラクター1級

より高度で専門的なコーヒーの知識と鑑定技術。
コーヒー製造業者に求められる、プロとして必要な専門知識と鑑定技術を習得した方を認定。

コーヒーインストラクター2級

基礎的なコーヒーの知識と鑑定技術。
コーヒーを飲むだけでなく詳しく勉強したい方を対象にした資格で、
コーヒーの対面販売に従事する方に求められる基礎的な知識・鑑定技術を習得した方を認定。
*コーヒーインストラクター2級 → 1級 → 鑑定士の順に取得できる

一般社団法人 日本スペシャルティコーヒー協会による認定資格

一般社団法人 日本スペシャルティコーヒー協会によるコーヒーによる認定資格

コーヒーマイスター

日本スペシャルティコーヒー協会が主催する「コーヒーマイスター養成講座」を修了し、
認定試験に合格すると、コーヒーマイスターとして認定される。

日本バリスタ協会によるJBAライセンス

日本バリスタ協会(JBA)によるプロのバリスタ認定ライセンス

JBAバリスタライセンス Level-1

JBAバリスタとしての基本的な知識や技術を身に付け、
JBAが定める一定基準のエスプレッソコーヒーを抽出できる者。

JBAバリスタライセンス Level-2

JBAバリスタとして、エスプレッソコーヒーの抽出における高度な知識や技術を身に付け、
コーヒーに関わる水や牛乳の基本的な知識や、グラインダー/エスプレッソマシン
の仕組みやそれらの調整技術についても知識を持つ者。
お客様に対して美味しいコーヒーの提供だけではなくその啓蒙ができる者。

JBAバリスタライセンス Level-3

JBAバリスタとして求められる高度且つ広範囲な知識や技術を身に付けている者。
JBAバリスタとして、エスプレッソコーヒーの抽出のみならず、
テイスティングや接客サービスなど、バリスタとしての高い総合力を有する者。
お客様に対して最高のエスプレッソコーヒーを抽出でき、その啓蒙ができる者。

JBAバリスタライセンス インストラクター

JBA認定校のスクール講師のためのライセンス。
『JBAバリスタ レベル3』相当の知識や技術を身に付け、単に技術者としてだけではなく、指導的立場に立てる者。
指導者として、後進の模範となる人格や人間力を有し、教育に対する知識や技術を身に付けている者。
常に指導者として自己啓発につとめ、バリスタの資質や地位の向上、高品質なエスプレッソコーヒーの普及、
後進の育成などのために従事できる者。
《資格》JBA認定校で開催するJBAバリスタライセンス(レベル1〜レベル3)のスクール講師となれる資格

日本創芸学院が実施している検定資格

日本創芸学院が実施している通信教育で受講できる検定講座

コーヒーコーディネーター検定講座

コーヒー豆の知識、焙煎方法、抽出方法、オリジナルブレンド、カフェフードの作り方などを修得したコーヒーのスペシャリストとして必要な知識を学ぶことできる。 通信講座で講座を修了すると認定される。