PAGE
TOP
2017.10.9

旦部 幸博さん著、『珈琲の世界史』が発売されます。

専門は、がんに関する遺伝子学、微生物学という
大学助教、医学博士である旦部 幸博さん。

コーヒーに関するサイト「百珈苑」を運営されてます。
以前には、コーヒーの科学
コーヒー おいしさの方程式などの書籍をだされてる方です。

研究者の方というだけありまして、
コーヒーについてもかなり科学的にお詳しい。
そうそう、旦部さん、コーヒー検定の教本にも特別寄稿されていて、すごいなーと思った記憶があります

さてさて、そんな旦部さんが次に書かれたのは、『珈琲の世界史』。

旦部 幸博 著 『珈琲の世界史』

旦部 幸博 著 『珈琲の世界史』

コーヒーの歴史を紐解くことで
カップ一杯に込められたコーヒーの美味しさを
さらに味わい深いものに、、、

という思いで書かれた本だそう。

ヒトが何かを食べるとき、その食べ物に込められた「物語」も一緒に味わっている――そんなセリフを聞いたことはないでしょうか。

今現在に至るまで、コーヒーが辿った歴史を、
起源に関する最新仮説なども交えながら、できるだけわかりやすく本書にまとめました。


※amazonの説明文より。



目次
序章 コーヒーの基礎知識
1章 コーヒー前史
2章 コーヒーはじまりの物語
3章 イスラーム世界からヨーロッパへ
4章 コーヒーハウスとカフェの時代
5章 コーヒーノキ、世界にはばたく
6章 コーヒーブームはナポレオンが生んだ?
7章 19世紀の生産事情あれこれ
8章 黄金時代の終わり
9章 コーヒーの日本史
10章 スペシャルティコーヒーをめぐって
終章 コーヒー新世紀の到来



旦部さんの本、『コーヒーの科学』など読みましたが
やっぱりかなり専門的。

私の場合、コーヒーに関して言えば素人だし
読む時、頭にちゃんといれるためには
結構時間かけてじっくり向き合う感じでした。


今回は、どんな感じなのかなぁ、、
と、やっぱり買うのだ。


発売は、2017年10月18日から。

ネットでは、もう予約受付中です。




旦部 幸博 著 『珈琲の世界史』
珈琲の世界史
旦部 幸博 著
旦部 幸博 著 『コーヒーの科学』
コーヒーの科学
「おいしさ」はどこで生まれるのか
旦部 幸博 著
旦部 幸博 著 『コーヒー おいしさの方程式』
コーヒー おいしさの方程式
旦部 幸博 著

NEW ENTRY